YouTube Data API v3を使ったYouTube動画検索のクエリ―件数(検索ヒット動画件数)の制約(割り当て)について - 2020.6.23

YouTube動画検索のクエリ―件数

YouTube検索は最近、1日当たりのクエリ―件数(検索でヒットした動画件数)の割り当て量上限がつぎのとおり設定した模様です。

割り当て量上限(1APIキー当たり):10,000(クエリ―数/日 Queries per day)

この上限量は非現実的な値で、たとえば検索では1回のリクエストで約100ユニット消費されることから、1日で検索できるのは約100回までです。 上限値をオーバーすると、つぎのエラーメッセージ(英語)が出力され、その日は使用不可能な状況になっています。
なお、アクセスしたクエリ―件数は、毎日、太平洋時間(PT)午前 0 時(日本時間 午後 4 時)ちょうどにリセットされます。

The request cannot be completed because you have exceeded your quota.
(割り当て量を超えたため、リクエストを完了できません。)


この割り当て量上限を増やすための入力フォーム(Google)はありますが、そのフォームは、英語、入力項目30余り、かつ複雑で使用が困難です。

対応策 - 複数APIキーの使用






 最終更新日:2020.6.23(Debut)